光専寺門徒会館新築工事

2017/11/28
新築部分解体工事開始
まずは屋根瓦下ろしから、建設廃材もきっちり分別解体です。(しつこいようですが・・・)
2017/10/20
屋根の切り離し
増改築を繰り返してきた建物のため、既存の屋根は複雑な架け方になっています。。
2017/11/28
残す部分との切り離し
左側が既存のまま残る書院。
2017/11/24
外部足場組立
全解体する庫裡部分は機械壊しとなるため、養生用の足場を組立てます。
2017/11/21
天井をめくったり
2017/11/21
壁を落としたり
2017/11/20
全解体する庫裡部分に、
残す部分がくっついているため、屋根・柱・梁など、接続部分を確認しながらの手壊し作業となります。
2017/11/17
内部解体工事開始
まずはタタミ上げから、建設廃材もきっちり分別解体です。
2017/10/20
庫裡部分が老朽化したので、
本堂と書院を残し、全面的に解体して、門徒会館として新築する工事のお手伝いをさせていただくことになりました。
2017/10/20
こちらの鐘楼堂は、
なんと、300年前の棟札を持つという、此花町の古刹「光専寺」さんです。

<<< ブラウザーの戻るボタンでお戻り下さい